野菜の保存方法

2016/10/25 01:05:25 | 野菜の保存方法
冬野菜の代表もある大根は、鍋料理や煮ものに多く使われ、別におでんやぶり大根といった料理で大人から子供まで非常に幅広く人気を博しています。大根は根菜の中けれどもとりわけ消費量が多いので、重宝する家庭も多いでしょう。その大根とよく似たかぶは漬ものとして食べられることが多く、酢漬けは更に人気があります。そういった大根とかぶは、見た目だけでなく保存方法も同じです。大根、かぶの保存方法は、新聞紙で包んで野菜室に保存するのが基本となります。この際に注意するのは、葉っぱが付いているかどうかです。葉がついていると早くしなびてしまうので、長期保存する場合は切っておきましょう。スーパー等で売っているように、茎の部...
2016/10/24 01:05:24 | 野菜の保存方法
淡白な緑色がトレードマークのレタスは、その色合いどおり、水分がかなりの割合を占めている野菜です。基本的に味はたまたま、結構苦味がある程度で、よく言えば食べやすく、邪魔をしない食材ということになります。そういうレタスの保存方法は、本当は非常に難しいと言われています。レタスは他の葉野菜と比べ、本当に傷みやすいからです。スーパー等で売られているレタスも、本当に芯の部分を見てみると、甚だ変色していることがわかります。これが当たり前のように思われがちですが、実際にはその時点で傷んでいるのです。レタスを保存する際に気をつけることは、乾燥止めることです。そのために重要なのは、外葉です。外が傷んでいるとふっと...
2016/10/23 01:05:23 | 野菜の保存方法
旬の野菜は、単純に味が良いというだけではなく、栄養も豊富です。それほどそれが顕著なのがほうれんそうで、冬のほうれんそうは夏のほうれんそうの3倍のビタミンCを有していると言われています。従って、旬のほうれんそうを摂取することは、健康面で非常に効率が良いと言えるでしょう。また、同じく冬が旬の小松菜も、非常に栄養価の高い葉野菜なので、この二つは冬の間になるべく摂っておきたい野菜です。ほうれんそうは緑黄色野菜の代表で、ビタミンCやB1、B2、カリウムの豊富な食材です。そうしてそれ以上に、鉄とカルシウム、ひいてはマグネシウムや銅といった、なかなか普段摂れない栄養素を確保できます。また、小松菜はほうれんそ...
2016/10/22 01:05:22 | 野菜の保存方法
冬になると、旬の野菜の種類が思い切り限られて来る。主に、鍋ものに来れる食材が旬を迎えることが多いですね。そうして、そのコマンダーといえるのが白菜でしょう。冬野菜の中けれども、白菜は一年中食べられる野菜として、多くの家庭の食卓で親しまれていますが、最も冬の白菜が一番人気です。白菜は根っから甘みがあって美味しい野菜ですが、殊に霜降り白菜が人気です。また、キムチの材料としても親しまれています。そんな白菜の保存方法は、基本的には冷蔵庫の野菜室にもっぱら置いておくだけで問題ありません。他の葉野菜同様、乾燥に弱々しいので、いまひとつ冷まし過ぎないようにしましょう。また、冷凍保存も可能です。冷凍での保存方法...
2016/10/21 01:05:21 | 野菜の保存方法
野菜の王道のひとつ、にんじん。じゃがいもやたまねぎと共に置いてあるお店も多いですね根菜の中それでも、大根と並んで有名な野菜のひとつです。こんなにんじんの保存方法は、基本的には皮付きか皮をむいた後かでさっぱり違ってきます。皮付きのときの場合は、そのままにして冷暗所に置いておきます。特に新聞紙などは必要ありません。非常に保ちの良い食材なので、保存には向いています。皮をむいたときの場合は、乾燥を予防するためにペーパータオル等を濡らし、皮をむいた部分にあててからラップを通して冷蔵庫の中で保存ください。断じて強い冷気だと乾燥するので、冷蔵室よりも野菜室の方が良いですね。また、にんじんは冷凍保存もできます...
2016/10/20 01:05:20 | 野菜の保存方法
ブロッコリーやカリフラワーといった食材は、きちんと旬を気にしないで食する人も多いかもしれません。実際には秋野菜のひとつで、晩夏から秋にかけておししく食べられる野菜です。一気に栄養価が厳しく、サラダなどに加えて出されることも多いですね。それぞれに特徴がありますが、保存方法は共通している点が多くあります。ブロッコリーやカリフラワーの保存方法は、いずれも冷凍保存が向いていると言われています。通常保存する場合は、乏しいボールなどに入れて、ラップを通じて冷蔵庫に入れます。甘く湿らせておくと良いですが、それほど手早く風味が落ちます。一方、冷凍保存の場合は、小分けとしてから茹でて、冷ました後にフリージングパ...
2016/10/19 01:05:19 | 野菜の保存方法
秋といえば、きのこを思い浮かべる人も多いでしょう。とはいえ、きのこが野菜という認識を所持している人は僅かかもしれません。実に、きのこはあくまで菌類であり、行政上の区分も「特用林産もの」となっているので、野菜とはいえない食材です。とはいえ、実際には野菜売り場に他の野菜と共に売っているので、野菜という認識で購入しても徹頭徹尾モウマンタイでしょう。そんなきのこ類ですが、更に食材として一般家庭で使用なるのは、しいたけ、まいたけ、しめじ、エリンギ、エノキといったところでしょう。基本的に、これらのきのこ類に関しては、個別で保存方法を考慮する必要はありません。全て共通とみなして大丈夫です。しかし、マツタケだ...
2016/10/18 01:05:18 | 野菜の保存方法
全然旬を気にして購入する人がいないと言える春菊やチンゲン菜ですが、実際には秋が旬の野菜です。この二つは、おんなじ料理に使用達することはあまりなく、春菊は鍋料理、チンゲン菜は中華料理をはじめとした炒めものが主な利用料理となりますが、おんなじ葉野菜ということで共通する部分もあります。あんな春菊とチンゲン菜の保存方法は、断然乾燥の予防が第一となります。春菊はきちんと激しい食材ではないので、極力しっかりと湿らせてから保存する必要があります。新聞紙を軽く湿らせたものに包み、ポリ袋に入れてから冷蔵庫の野菜室で保存ください。この際、根元を下にして保存すると一層効果的です。チンゲン菜は、春菊よりは長持ちさせ易...
2016/10/17 01:05:17 | 野菜の保存方法
独特の口当たりがあるれんこんは、どうも野菜には見えにくい食材ですが、適切秋野菜です。主役と変わる食材ではありませんが、きんぴらごぼうや煮ものなど、様々な料理に活用できます。味にクセがなく、口当たりを遊べる食材なので、意外に子供にも人気があります。そんなれんこんの保存方法は、非常にシンプルです。冷蔵庫ではなく、日光の当たらない場所で保存すれば、次いで問題ありません。但し、れんこんを購入する時はその多くが水煮したものそれで、その場合は冷蔵庫に保存する必要があります。極端に日保ちする食材ではないものの、一気にすねるものけれどもないので、意外と保存はしやすい食材と言えます。れんこんは冷凍保存とも相性の...
2016/10/16 01:05:16 | 野菜の保存方法
ごぼうは、非常に栄養の豊富な野菜の一つです。主に煮ものやきんぴらごぼうなどにして摂ることが多いですね。子供はいまいち好んで食べない傾向にありますが、あまりクセがないので、どちらかというと食わず嫌いが多い食材といえます。また、辛味と相性が良いので、きんぴらごぼうはもちろん、僅か辛味を効かせた野菜炒めなどでもおししく食べられます。そんなごぼうの保存方法は、主に乾燥や日光を防ぐことを重視します。日光が直接当たらない冷暗所に、新聞紙に包んでおけば問題ありません。皮がついているうちは冷蔵庫に保管する必要もなく、常温で年中長期保存が可能です。反面、皮をむいた後はたいして傷みやすい食材となるので、冷凍保存が...
2016/10/15 01:05:15 | 野菜の保存方法
いも類が旬を迎える秋にあって、里芋、山芋はそのカリスマと言えます。一年中食べられるじゃがいも以上に、秋野菜としてのイメージが強いのがこのふたつでしょう。いずれも拘り成分のムチンがあり、それが滋養強壮の要因となっています。里芋は、にっころがしとして取ることが多いですね。筑前煮などが有名です。一方、山芋はすりおろしてとろろとして採り入れることが多いです。精力の張り付く食材として非常に有名ですね。てんぷらも美味しいです。そんな里芋と山芋の保存方法は、共々冷蔵庫では保存諦めるという点で、じゃがいもやさつまいもと共通しています。共に湿気に注意する必要があるので、新聞紙で包んでおきましょう。直接の日光は避...
2016/10/14 01:05:14 | 野菜の保存方法
じゃがいもは秋に旬を迎える秋野菜に入りますが、基本的には年中食べられる野菜として知られています。世界けれども指折りの消費量を誇るじゃがいもは、油との相性が良いことからフライドポテトに代表される油による料理が多く見られます。ポテトチップスなど、おやつにもよく使われていますね。また、煮立ても美味しいので、肉じゃがなどの煮もの、カレーなどにも使われます。そんなじゃがいもの保存方法は、取り敢えず芽を出さないことを重視します。じゃがいもは、日が経つと芽が出てしまいます。そうして、この芽にはソラニンという毒素が多く塞がり、これを食べると食中毒を起こすことがあるので注意が必要です。ただ、芽が出るのは本当に経...
2016/10/13 01:05:13 | 野菜の保存方法
秋になると、夏に食卓を潤した葉野菜の多くは旬を過ぎ、変わって芋類やきのこ類などが旬を迎えます。秋野菜の中で最も秋の到来を感じさせるのは、さつまいもではないでしょうか。さつまいもは、その甘さから子供にも大人気の食材です。特に有名な調理方法は、石焼でしょう。さつまいもの甘みを中に押し込めた石焼いもは、非常に人気があります。あんなさつまいもの保存方法では、温度を気にする必要があります。さつまいもは、温度が低すぎると弱ってしまいます。そのため、冷蔵庫や野菜室には入れずにおくのが基本的保存方法です。春や夏くらいの温度の場合は、単にむき出しで保存して問題ありませんが、秋が深まってきて温度が結構下がってきた...
2016/10/12 01:05:12 | 野菜の保存方法
みょうが、にんにくは、自体を主食として召し上がる食材というわけではありませんが、最適夏野菜の一つです。みょうがはしょうがなどと同じく薬味として食べることが多く、にんにくは食材に混ぜて調理することが多いですね。いずれも主役ではないものの、料理をあおる脇役として非常に大きな役割を担っています。そんな二つの保存方法は、いずれもシンプルです。みょうがはポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れます。にんにくは、冷蔵庫に入れずに風通しがよく日当たりの少ない場所で保管します。しかし、それぞれにいくつかのコツがあるので、その点を考慮した上で保存方法をますます吟味ください。たとえば、みょうがの場合は、風味が命です。そ...
2016/10/11 01:05:11 | 野菜の保存方法
昔は、夏の風もの詩として、ヘチマがぶら下がっている光景が様々な家で見られました。ただし、現在ではそういった光景はざっと見られなくなっているのが現状です。そもそも、ヘチマを召し上がるという習慣も、かなり少なくなっているのではないでしょうか。どちらかというと、化粧水として使用するために栽培している所が多いようです。ですが、ヘチマは食材としても非常に優秀です。そういったヘチマの保存方法としては、水分が多いので乾燥を防ぐことを第一に考えます。新聞紙で包み、ポリ袋に入れ、冷蔵庫に入れておきましょう。これで一週間くらいは風味を確保できます。一方、ヘチマは冷凍保存することは困難です。これは野菜の中けれども食...
2016/10/10 01:05:10 | 野菜の保存方法
さまざまな野菜の中それでも、殊更子供に食べさせたい食材として名前が挙がるピーマン。それは、非常に豊富な栄養が大きな要因となっています。ビタミンC、E、カロチンといった、野菜を摂取する際に期待されることの多い栄養群を全て備えてあり、がん予防や風邪予防に最適な食材なので、野菜炒めなど、様々な料理に使用されています。生で食べてもかわいらしく、加熱しても可愛く、また肉類との相性が抜群に良いので、食材としては随分重宝されますが、その苦味から子供には敬遠されることが多く、どのようにしてピーマンを子供に食べさせるかというのが、ある意味料理の腕の見せ所でもあります。あんなピーマンの保存方法は、特に難しいことは...
2016/10/09 01:05:09 | 野菜の保存方法
オクラは、夏野菜の中それでもそれほどスタミナを押し付けたい場合食べられる野菜ですね。いわゆるネバネバ系の中それでも、単に有名です。ただ、風味が独特なので、子供には結構敬遠されがちな食材でもあります。一方、ししとうは、自体を食するというものではなく、香味料として利用することがほとんどですね。唐辛子なので、辛味を与えるためのものということになります。夏に疎ましいものが欲しいという人には重宝されます。鍋料理などに使用することが多いので冬が旬と思われがちな食材ですが、夏野菜の一種です。そういったオクラやししとうの保存方法は対照的です。ほとんど、オクラの場合はかなり特殊です。最初に塩を擦り込み、産毛を落...
2016/10/08 01:05:08 | 野菜の保存方法
夏野菜の中には、豆類もいくつかあります。その中けれども中でも、枝豆やいんげんは皆に食べられていますね。枝豆はビールとの相性が抜群なので、居酒屋やビアガーデンなどのサイドメニュー、あるいは家庭でおつまみとして利用されることが非常に多い食材として知られています。そんないんげんや枝豆の保存方法は、風味を落とさないようにすることを念頭に考えて行く必要があります。いんげんの場合は、さほど保存しやすく、冷蔵庫を使用する必要はありません。密封することが出来る袋、あるいは瓶などに入れて、陽の当たらない暗所で保管すると良いでしょう。枝豆に関しては、非常に風味が落ち易い食べものそれで、できれば保存しないでアッとい...
2016/10/07 01:05:07 | 野菜の保存方法
子供の意識として、とうもろこしは野菜という認識を携帯している子は、比較的短いかもしれません。どちらかというと、おやつものの感覚かと思います。それくらい手緩い食材です。あんなとうもろこしの保存方法ですが、基本的には冷凍保存がお薦めです。というのも、とうもろこしは乾燥しやすいので、さほど通常の保存には向いていません。外皮のついた状態で購入した場合は、そのままの状態で野菜室に立てて入れれば良いですが、でも5日程度しか持ちません。また、日が経つごとに味は落ちていきます。当然、むき出しで冷蔵庫に入れていると、すぐに粒がしなびてしまいます。長く結構大きめな野菜なので、野菜室のスペースを食い易いという面もあ...
2016/10/06 01:05:06 | 野菜の保存方法
全体の96%が水分のきゅうりは、夏野菜の代表として知られています。みずみずしさという点においては、トマトと並び野菜の中それでも最高峰で、キャベツやレタスと共にサラダに入れられていることが非常に多い野菜です。生で食べる野菜の代表でもあり、野菜スティックなどの一つとして出されることも多い他、また酢漬けにしたり、漬ものにしたりなど、様々な方法で調理浴びる食材でもあります。あんなきゅうりの保存方法ですが、いよいよ水分が圧倒的に多いことがネックとなり、保存はたいして困難な部類に入ります。一際乾燥を防ぐことが重要なのですが、皮がしっかり守ってくれるので、ラップや新聞紙を無理に使用する必要はありません。ビニ...
2016/10/05 01:05:05 | 野菜の保存方法
夏野菜の中それでも、更に夏を感じる野菜と言われているナスは、生ぬるい野菜のリーダーとして知られています。肉との相性がよく、また味噌とも相性が良いので、肉と絡めて味噌炒めにするケースが多いですね。マーボーナスなどはその代表的な料理でしょう。また、焼ナスにしたり、味噌汁の具などに使用したりする家庭も多いでしょう。あんなナスの保存方法は、基本的には冷蔵庫の野菜室への保管となりますが、一つ注意が必要です。というのも、ナスは非常に水分が多い野菜で、ラップを使用すると水分が出てきて仕舞う可能性があります。そのため、新聞紙に包む方がどんどん際立つ保存方法と言えるでしょう。ただ、できれば早めに使用したほうが喜...
2016/10/04 01:05:04 | 野菜の保存方法
生で採り入れる野菜の先頭として、多くの食卓を赤く彩っているトマト。その味は野菜の中それでも何より美味と言われており、多くのファンがいます。塩をかけて丸かじりも美味しいですが、パスタと絡めるなどソースに使用なることも手広く、トマトは日本の食卓にたくさんの貢献をしています。そんなトマトの保存方法は、ごく普通に冷蔵庫の野菜室へ来れるのが基本となります。というのも、トマトの場合はどっぷり仲間を保存するケースがほとんどで、切ったものを保存するに関してが少ないからです。尚、切ったトマトを保存する場合は、皿の上に乗せ、ラップをかけてから冷蔵庫に来れると良いでしょう。トマトは冷凍との相性も良いので、冷凍保存も...
2016/10/03 01:05:03 | 野菜の保存方法
夏になると、たくさんの野菜が旬を迎えます。いわゆる夏野菜と呼ばれる野菜群ですね。非常に栄養豊富な野菜が多く、夏になると、夏野菜を使用した料理が食卓を飾り付ける家庭が多いことでしょう。その中けれども、かぼちゃは夏野菜の代表としている野菜です。ビタミンの多寡は随一で、カロチンを筆頭に、ビタミンC、E、食もの繊維、カリウムと、栄養満点の食材となっています。がん予防にも最適とされ、美容、アンチエイジングにもすばらしく、女性にもオススメです。こんなかぼちゃの保存方法ですが、丸ごとひとつを購入した場合はただただむき出しで問題なく、風通しがよく気持ちいい場所に保管しましょう。サランラップを巻いたり、新聞紙で...
2016/10/02 01:05:02 | 野菜の保存方法
たけのこは、野菜の中それでも断然保存が苦しい野菜と言われています。基本的には、保存向きの野菜ではありません。そのため保存方法も、他の野菜と比較すると多少難しくなってしまう。たけのこは、栄養面ではカリウムと食もの繊維が多く、便秘やダイエット向きの食べものと言われています。ライフスタイル病の予防や、動脈硬化、大腸がんの予防にもなるので、子供はもちろん、大人も積極的に摂取したい野菜です。味は淡白で食べやすく、八宝菜をはじめ中華料理によく使用されます。ただ茹でて、甘辛いタレで取るだけでもかなりおししく食べられるので、子供が摂取し易い野菜とも言えます。たけのこを選ぶ際には、一層切り口を見ましょう。切り口...
2016/10/01 01:05:01 | 野菜の保存方法
そら豆、えんどうしてまめ、グリーンピースといった緑色の豆は、皆春野菜です。これらは子供が苦手とすることの多い野菜ですが、賢く調理することでスキになる野菜でもあります。それぞれに風味に特徴があるので、それをなくすことが重要ですね。逆に、大人には一大野菜と言えます。保存方法は、それぞれに特徴があります。ほとんど、そら豆は乾燥を防ぐためにラップをし、冷蔵庫で保存します。えんどうしてまめの場合は、さやに入れたままにしておく方が長持ちします。何となく出してしまいたい場合は、ボールの中に水を張って、その中に豆を浸しておくと良いでしょう。グリーンピースは、袋の中に入れて冷蔵保存しておけば問題ありません。これ...
2016/09/30 01:05:30 | 野菜の保存方法
数ある春野菜の中けれども、殊に一大野菜として知られているアスパラガス。子供から大人まで、クセのない甘みのあるアスパラガスは大きい人気を得ています。ビタミンB1、B2などの栄養価も厳しく、茹でて食べても野菜炒めなどに入れて食べても美味しいので、一際子供に食べさせる野菜として重宝されています。こんなアスパラガスの保存方法は、何しろ乾燥控えることが第一です。アスパラガスは非常に鮮度が落ち易く、放置しておくと一気に味が落ち、見た目も悪くなります。野菜スティックなどに使用することも多いアスパラガスは、どれだけ鮮度を保てるかが命です。そのための保存方法としては、ラップやビニール袋、新聞紙などに包んで冷蔵庫...
2016/09/29 01:05:29 | 野菜の保存方法
野菜スティックなどに使用罹ることの多いセロリは、春野菜の一つです。苦味が手強いので、子供に全然好かれることがない野菜としても有名ですね。その一方、マヨネーズとの相性が極めてよく、女性には人気があります。基本的には保存方法がしばらく酷い野菜なので、まとめ買いはしない方が良いかもしれません。セロリの栄養素としては、カリウム、カルシウムが多く含まれています。断然カリウムはかなり手広く、塩分の排出や高血圧の予防などに向いています。また、香草の一種でもあるので、精神を抑える作用もあります。そうして、女性に人気のある一因として、生理不順の改善という作用があることも挙げられます。あんなセロリの保存方法ですが...
2016/09/28 01:05:28 | 野菜の保存方法
日本でやはり消費量が多い野菜とも言われている、たまねぎ。実に、たまねぎを使う料理は非常に数多く、中でも肉類との相性は優。一気に、保存方法を誤ると恐ろしい野菜の一つでもあります。たまねぎは、ビタミンB1、B2、カリウムを手広く含んだ野菜で、血液をサラサラにする効果もあるので、身体には非常に良いといわれています。肉体疲労の回復にも達するので、日々の仕事や勉強、部活で疲れた家中に最適な野菜と言えます。また、利尿作用があるので、新陳代謝の向上にも繋がります。処方箋としては、ハンバーグをはじめ、様々な料理にみじん切りしたものが使用されます。加熱することでかなりの甘みが出るので、生食よりも火を入れる料理に...
2016/09/27 01:05:27 | 野菜の保存方法
春野菜の中それでも何より多くの家庭で生きるキャベツ。各ビタミン、カロチン、カルシウム、カリウム、鉄など、様々な栄養素を含んであり、また胃腸の調子を取り付ける野菜としても有名ですね。風邪を引いた時、あるいは美容にも良いと言われています。さらに、どうしても味がやさしく生ぬるいため、子供もきっと嫌いな人はいない野菜としていとも重宝されています。そういうキャベツの保存方法は、乾燥断ち切ることが第一です。そのため、新聞紙でつつむのがベストです。サランラップも問題はありません。外側の傷んだ葉は、早めに取っておいたほうが良いでしょう。キャベツの保存方法として有効なのは、芯をくりぬき、ペーパータオルを湿らせて...
2016/09/26 01:05:26 | 野菜の保存方法
人間が生きていく上で、欠かせない栄養素はたくさんあります。その中でそれらを効率よく摂取していくには、日々の食事でバランスよく野菜を食するのが一番です。近年まずはサプリメントの開発が相当進んであり、サプリメントによる腹ごしらえが浸透してきていますが、断然自然食で補うのが断然身体に良いことは言うもありません。野菜をしっかり加えることが、健康を確保する最大の手段として下さい。そういった日常生活に所要野菜ですが、気候などによって価格が本当に変動することは、主婦の皆さんにとっては常識かと思います。場合によっては、おんなじ年度で倍以上価格差が生まれることもありますね。そのため、少ない時折買いだめをしたくな...