カタログギフトとは

カタログギフトとは

昔は人に贈りものをするとき、贈り主がその贈りものを選んでいました。

 

それがカタログを贈りものとして送って、受け取った人がカタログに掲載されている商品の中からスキな商品を選んで得ることが出来るというサービスが始まりました。

 

それがカタログギフトです。

 

今ではすっかり贈りものの定番となったこのカタログギフトですが、一番最初にこのサービスを始めたのは「シャディ」だと言われています。

 

 

現在カタログギフトは、結婚や進学などの内祝い、病気をした場合の快気祝い、お中元やお歳暮として、冠婚葬祭などにも幅広く使われています。

 

昔は贈りものの内容で著しく悩んで時間を費やしていたものがカタログギフトではそのわずらわしさがありません。

 

相手に贈りものを選んでいたときは、相手のスキなものを考えたり、逆にタブーなものを避けたりして贈りものを通じてそれが問題となって仕舞うこともありました。

 

カタログギフトではこのような贈りものに関してのトラブルを解消することが出来るため様々な場で活躍するようになりました。

 

 

カタログギフトの中にはどうにも様々なアイテムが揃っています。

 

生活雑貨などの日用品やアクセサリー、おもちゃ、文具、お酒、特産品、趣味で扱うもの、旅行用品、ホテルや温泉の利用券、エステ利用券など多方面に渡ります。

 

商品の中にはこのカタログギフトを通じている会社が独自開発した商品も入っています。

 

 

それぞれカタログギフトには事前に掲載される商品の値段が決められています。

 

そのため1冊のカタログギフトの中はほぼおんなじ値段なのでどの商品でも買えるようになっています。

 

シャディ

 

カタログギフトを最初に始めた会社「シャディ」、今ではカタログギフトを取り扱う最大手の中で一番に名前を連ねるほどに成長しました。

 

現在は東京港区に本社を構えるシャディはギフトディーラーです。

 

 

シャディの創業は1926年です。

 

当初は大阪で扇子やうちわを扱う商店として「林信商店」を発足しました。

 

1931年に地方にあるギフト業者に対して商品を通信販売するようになり社名も「ハヤシシン」と創業者の名前から押し付けました。

 

そうして1962年には「ハヤシシンチェーンタオル」を形作りました。

 

 

1971年なんとかギフトの通販業界においていよいよカラーカタログをシャディブランドで発行しました。

 

ここからシャディのカタログギフト業務が展開されていきます。

 

その後は北海道に配送センターをつくったり、全国各地に営業所をおいたりして全国展開を進めていきました。

 

 

1979年に社名を「シャディ」にします。

 

従来取り扱ってきた品名を以て社名としたのです。

 

1983年には「ビフラン」という通販カタログをつくりました。

 

1988年にはシャディのギフト業者である「サラダ館」をフランチャイズ形式で開設しました。

 

2005年にはシャディはUCCの一員となって2007年には完全に子会社となりました。

 

 

シャディの業種は卸売業、事業内容はギフト販売です。

 

資本金は約34億円、売れ行きは約700億円、配下数は約320名です。

 

以上がシャディのこれまで歩んできた歴史の簡単な説明と会社紹介です。

 

 

シャディ・カタログギフト、サラダ館のメリットやコンセプト

 

シャディの特徴としては、通信販売でカタログギフトを取り扱うのではなく、実に有店舗においてもカタログギフトの販売を通じていることだと思います。

 

フランチャイズ契約を通じている「サラダ館」において、実にカタログに掲載されている商品を展示しています。

 

これによってカタログをみて写真だけで判断するのではなく、店舗に赴いて実に商品を手にとって品定めができるようにしたことが大きな改革だと思います。

 

その上シャディでは有店舗を「メディアショッピング」として発展させた形でつくり、テレビなどのメディアやインターネットと連携をはかって商品選定を消費者が行いやすくしていく方針です。

 

 

「サラダ館」は当初、カタログギフトの商品を実に消費者に見てもらう目的で1988年に試験導入されました。

 

そうして1990年から本格的にフランチャイズに参加する加盟店を募集しました。

 

 

サラダ館には3つのコンセプトがあります。

 

サラダ館やカタログギフトにおいていただけるお客様との心の結び付きを大事にすること。

 

フランチャイズ加盟店に対して商品の開発についてのノウハウや販売についてのノウハウを本部がきちんと提供して、コンピュータときの注文や販売のお客様との関係を強固にすること。

 

本部から提供されたマニュアルは忠実に続けること。

 

 

このような形でシャディはカタログギフトを通して冠婚葬祭、入学祝い、結婚祝いなどの際にお客様がOK商品が買えるようにしています。

 

そうして地域の人たちに密着した経営姿勢をとって、何よりもお客様との絆を大切にしています。

 

 

シャディのカタログギフトでは、このサラダ館の店舗展開以外にもメリットがあります。

 

それはお客様からの注文によって商品を手配するというオーダーメード形式で行っているため、無駄に在庫を持つことがなく少ない資本で営業できるということです。

 

フルマインド

 

シャディと共にカタログギフトを向き合う会社として有名なのが「フルマインド」です。

 

フルマインド株式会社はカタログギフトを始めとする贈答品やおみやげなどの販売を通じている小売業者です。

 

 

フルマインドの創業は1962年で現在は兵庫県に本社があります。

 

カタログギフトでは「贅沢な時間」そうして「特別なもの」にこだわって商品を取り揃えています。

 

贈りたい予算によってカタログを8種類の中から選択出来るようになっています。

 

 

フルマインドでカタログギフトを利用するといくつかの特典があります。

 

それでは全国送料無料で配送してくれるサービスがあります。

 

宅急便やゆうパック、エクスパックなどが利用できます。

 

 

商品に包装を無料でしていただける。

 

贈りものの用途によって熨斗や短冊カードも無料でつけていただける。

 

 

カタログギフトについて引っかかる人のために、サンプルのカタログや説明書を無料でもらうこともできます。

 

 

商品をいくつかまとめて注文した場合、自宅や会社に一括納品してもらうことも、それぞれを個別にもらうこともできます。

 

一括の場合は個別に商品がわかるように付箋でメモをつけて内容がわかるようにもできます。

 

商品の納期は注文してから2~3日後になります。

 

 

フルマインド上からカタログギフトを注文すると、注文した金額によってポイントがいただける。

 

但し事前にパスワードをホームページ上で設定する必要があります。

 

そうしてポイントが500ポイント以上になると、次回利用するときにポイント分の金額を割引することができます。

 

お得なサービスそれで注文する際はぜひ利用したいものです。

関連ページ

スーパーギフトチェック・風雅堂
カタログギフトとは、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
リンベル
カタログギフトとは、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
カタログギフト人気ランキング
カタログギフトとは、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ハーモニック
カタログギフトとは、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
イルムス
カタログギフトとは、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ソウ・エクスペリエンス
カタログギフトとは、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ミーナ・シーナ、エニシル、伊勢丹、JTB
カタログギフトとは、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。