フランス料理のマナー(スープ)

フランス料理のマナー(スープ)

フランス料理の食事の始まりはスープですね。

 

スープは基本、呑みものという概念ではなく、これからは食べものとして食して下さい。

 

マナーのお話でスープとくると、皆さんは直ちに思い浮かべることでしょう。

 

スープは二度と音を立てて飲んではいけないと。

 

まったく、その通りです。

 

スープは音を立てて飲んではいけないというマナーだけは、この日本においても大層大きく知れ渡っているとしているのですが、依然として大きな音を立てて飲んでいるかたをよく見かけます。

 

甚だ照れくさいことですので、直ちにやめてくださいね。

 

そうして、スープを飲み込むときに、スプーンをどの方向からどちらに向かって動かせば良いのか・・・このような事もマナーのうちに入りますので、ぜひ覚えておいてください。

 

フランス式では、スープ皿の横からスプーンを入れて真ん中にかけてすくいあげます。

 

口に入れる時折、スプーンの先を自分に対して直角に向け、スプーンの先端から呑むようにします。

 

多くの日本人が行っている、スープ皿の手前からスプーンを入れて、外側にかけてすくいあげるやり方はイギリス式ですから、くれぐれも間違いではありません。

 

が、本場フランスでフランス料理を食べることになった時などには、フランス式が望ましいでしょう。

 

また、残り少なくなったスープがすくいにくいからと言って、パンをちぎってスープに浸して食べたりしていませんか。

 

或いは、スープ皿の手前側をちょっぴり持ち上げて中のスープを先方へ寄せ集めて、それをすくって飲んだりしていませんか。

 

驚くべきことに、それが正式なマナーだと思っているかたもかなりの数いらっしゃいます。

 

本当の正式なマナーは、スプーンですくえなくなったら、いかに美味しいスープもそこで終わりということです。

 

 

 

フランス料理のマナー(パン1)

フランス料理のマナー(スープ)

 

一般にレストランで何か注文をすると、ライスが良いのか、それともパンが良いのかをおっしゃることがありますが、フランス料理を摂るときにも、途中でパンが運ばれてしまう。

 

ライスが運ばれて現れることは、まるでありません。

 

当然ライスが良いか、パンが良いかとおっしゃることもなく、当たり前のようにパンが運ばれてしまう。

 

フランス料理を食べる際に運ばれて来るこのパンですが、レストランによっては、一種類だけであったり、複数の種類があったりします。

 

運ばれてきた際にどのように受け取ったら良いのか、また、いつ、どのようなタイミングで食するべきなのか、お分かりでしょうか。

 

普通、運んできて下さったサービスのかたが、パンの種類を説明してくれますので、それを聞いてご自分のスキなパンを選び「これをお願いします。
」と言うと、サービスのかたが取って貰える。

 

やはり、その際には、あれもこれもといくつものパンをお願いしたりせずに、一斉につきひとつだけ買うのがお上品なマナーです。

 

食べてなくなればまたサービスのかたが来てくれますから、ひとつずついただいてください。

 

そうして、パンを採り入れるときの注意ですが、基本的にフランス料理のパンは主食としてお腹を満たすために採り入れるものではなく、お料理同士の味が混ざってしまわないように、お料理の合間に取るものとしていただけると良いと思います。

 

そうして、最初にパンを口に運ぶのは、スープをいただいた後が良いでしょう。

 

スープが無い場合には、オードブルの後ですね。

 

そのあたりから、少しずつ食べ始めて、デザートの前までには食い切るようにしましょう。

 

焼きたてのパンはとても美味しいですが、パンで腹一杯にならないように気を付けましょうね。

 

 

 

フランス料理のマナー(パン2)

フランス料理のマナー(スープ)

 

前回に引き続き、今回もパンについてのマナーをお話いたしましょう。

 

前回は、フランス料理にとってのパンの位置づけもののものから、運ばれてきたパンをどのように摂るのかという部分をお話いたしました。

 

今回は、パンの食べ方のマナーです。

 

これも、多くのかたがご存じかと思いますが、パンは一口分ずつ、手でちぎって食するのがマナーです。

 

パンに単にかじり付くのはマナー違反です。

 

単にかじりついていいパンは、サンドウイッチか、又はトーストのみと覚えておいてください。

 

自分の左側にあるお皿がパンのためのお皿となりますが、一口大にちぎったほうは口へ運び、残るほうの大き目のパンは、その都度パン皿に戻します。

 

その際にも、なるたけ、大き目のパンをパン皿に置いてから、ちぎったパンを口に運ぶほうが美しく見えるね。

 

映画などを見ていると、時として、お料理のソースをパンに付けて採り入れるシーンを目にすることもありますね。

 

ですので、そのような行為はあまりマナー違反ではないということが浸透していると思います。

 

但し、イギリス式ではめったに酷いとしていますので、イギリスでフランス料理を摂る機会が仮にありましたら、諦めるほうが良いでしょう。

 

また、フランス式であっても、ちぎったパンを手に持ち歩いて、ソースにこするような食べ方はやめたほうが良いと思います。

 

ソースを塗る場合には、ちぎったパンをフォークに指したうえで、ソースを付けて食べるとエレガントで美しいですね。

関連ページ

フランス料理とは(1)
フランス人の食生活(1)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス人の食生活(2)
フランス料理の歴史(2)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理の歴史(3)
フランス料理の根底にあるもの、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ナイフとフォークを使用する習慣
フランス料理のマナー(来店時)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理のマナー(着席時)
フランス料理のマナー(ナプキンの使い方1)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理のマナー(ナプキンの使い方2)
フランス料理のマナー(ワイン)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。