フランス料理のマナー(ナプキンの使い方2)

フランス料理のマナー(ナプキンの使い方2)

引き続き、今回もナプキンの使い方を説明いたしましょう。

 

ナプキンは、万が一食べものをこぼしたところ洋服が汚れないように膝のあたりに敷いておくもの・・・としている日本人は非常に多いです。

 

ただし、ナプキンの用途はそれだけではありません。

 

フランス食堂では、このナプキンを上手に助かるか否かでフランス料理を摂ることに慣れているか、慣れていないのかを確かめることすら出来るでしょう。

 

ですから、初心者のかたはとくにナプキンの使い方には注意を通してくださいね。

 

前回、ナプキンで口周りを拭いてもさっぱりうっちゃるというお話をしましたが、逆にナプキンでやってはいけないことというのがあります。

 

それは、顔を拭いたり汗を拭ったりすることです。

 

もちろん、鼻をかむなどというのはだめ。

 

日本では、レストランなどで出されるおしぼりで顔や汗を拭うかたは多いですが、ナプキンでは絶対にやらないで下さい。

 

また、口を拭う際に、女性のかたの口紅がべっとりと付いて仕舞うのもさながらありません。

 

口紅は、食事の前に拭き取っておくようにしてください。

 

食事の最中に、万が一、お水やワインをこぼしてしまったときにも、ナプキンを使用する必要はありません。

 

サービスのかたがアッという間に駈けつけて対処してくれるはずです。

 

食事が終わって席を立つ時折、ナプキンをきれいに畳んではいけません。

 

きれいに畳むのは、お料理がまずかったという印となります。

 

適当に丸めておくのも見た目が悪いので、真ん中をつまんでピラミッド型になるような感じで専らデザート皿の右側に置いておくのが良いでしょう。

 

 

 

フランス料理のマナー(アペリティフ)

フランス料理のマナー(ナプキンの使い方2)

 

フランス料理のマナー、今日は呑みもの・・・中それでもアペリティフ(食前酒)についてお話しようと思っています。

 

テーブルに着いたなら、それでは呑みもののオーダーですね。

 

フランス料理を食するのであれば、アペリティフを頼まなくてはいけないとしているかたもけっこう多いようですが、そうではありません。

 

アペリティフというのは、そもそも何のためにあるのかを考えてみましょう。

 

間違っても、ただちにお酒が飲みたいかたのためにあるのではありませんよ。

 

食事の前にちょっぴりのアルコールを飲み込む事によって胃を刺激し、胃酸の分泌を促して食欲を増進させることが出来るからなのです。

 

再度、消化促進までもが期待出来るというメリットがあります。

 

ですから、オーダーしたほうが、一層フランス料理を喜べることも事実ではありますが、充分に食欲のあるかたや、アルコールにない方、そして家計がふと物寂しいかたは無理に申し込む必要はありませんのでご安心ください。

 

また、アペリティフをオーダーする場合には、愛くるしいお酒は食後まで我慢ください。

 

血糖値が急激に出ることで、食欲が減退してしまいますので。

 

アペリティフとして最も適切なものというと、シャンパンでしょう。

 

その他でしたら、シェリー、キール、キールロワイヤルなどがお勧めです。

 

最近では、イタリアンのアペリティフもフランス食堂に置いてある場合があります。

 

カンパリソーダやマティーニなどでも良いと思います。

 

 

 

フランス料理のマナー(ワイン)

フランス料理のマナー(ナプキンの使い方2)

 

フランス料理と言えばワインですよね。

 

そのワインの選び方ところが、最近は大変ワインに詳しいかたもいらっしゃいますから、そういうかたは、ご自分の好みのワインをオーダーすれば良いのです。

 

まったくワインが解らないかたは、遠慮せずにソムリエにお願いして下さい。

 

その際には、何でもいいからなどと言うよりも、多少なりとも自分の好み・・・たとえば、赤か白かでも良いでしょうし、容易いのが良いですとか、塩辛いのが良いですとか、そういうことを述べるほうがどんどん望ましいです。

 

予算を言うのも必ずしもいたたまれないことではないですよ。

 

ワインが運ばれてきて、ようやくテイスティングをするという時折、必ずや男性が行うようにしてください。

 

ワイン通な女性がやりたくなるかもしれませんが、テイスティングはそもそもコルクの屑ですとか、細いゴミなどが浮いていないか、ひいてはワインが傷んでいないかを確認するための行為ですので、レディーファーストであるはずの女性のほうがやっては面白いということになります。

 

無論、ワインにあんまり興味がなければ、テイスティングもソムリエにお願いしてしまって大丈夫ですよ。

 

また、テイスティングして気に入らなかったワインを換えて望むというかたも、ごく随時いらっしゃるようですが、これは受け付けられません。

 

換えてくれるのは、ワインが傷んでいたときに限りますので注意してくださいね。

 

フランスレストランで呑み記したワインについては、持ち帰ることが出来ます。

 

これはあんまりマナー違反にはなりませんが、稀に持ち帰りを禁止しているレストランもあるようですので、心配でしたら事前に確認しておくとよいでしょう。

関連ページ

フランス料理とは(1)
フランス人の食生活(1)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス人の食生活(2)
フランス料理の歴史(2)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理の歴史(3)
フランス料理の根底にあるもの、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ナイフとフォークを使用する習慣
フランス料理のマナー(来店時)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理のマナー(着席時)
フランス料理のマナー(ナプキンの使い方1)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理のマナー(スープ)
フランス料理のマナー(パン2)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理のマナー(チーズ)
フランス料理のマナー(食後のお茶)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理のマナー(食べきれない時)
会計ときのマナー、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
食事中の会話
フランス料理を食べに出かけましょう!、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。