フランス料理のマナー(着席時)

フランス料理のマナー(着席時)

本日は、フランスレストランでの着席ときのマナーについてお話しようと思います。

 

ひとたび、レストランのテーブルというのは、その日におもてなしを受けるゲストが腰掛けるための「上席」という席が存在するということを覚えておいてください。

 

そうして、その上席はレストランの出入り口から見た場合に、グングン遠い席ということになります。

 

その上席には、おもてなしを受けるほうが陣取るのです。

 

おもてなしをするほうが座ってはいけません。

 

レストランの作りによっては、どちらが出入り口より遠い席なのか幾らか区別がつき辛い場合もあるでしょう。

 

そんな場合には、レストランの支配人がテーブルのそばまで赴き、最初に椅子を引いた席が上席になるということを覚えておくと良いですね。

 

上席には、何よりレディーファーストで女性が座ってください。

 

女性がちゃんと席に腰を下ろす前に男性が座ってしまうのは、まったく失礼な行為ととられますので気を付けて下さいね。

 

着席時ですが、椅子の左側から行ってください。

 

退席の場合も同じで、つねに左から・・・ということを忘れないでください。

 

フランスレストランで食事を決めるというのであれば、このような部分も、れっきとしたテーブルマナーのひとつですので、しっかりと覚えておきたいものです。

 

着席したら足を組んで腰掛けるのもやめましょう。

 

大層テーブルクロスが長い場合でない限り、テーブルの下の脚部分は周りから丸見えだということを忘れずに、足元にも気を配ってくださいね。

 

 

 

フランス料理のマナー(手荷物)

フランス料理のマナー(着席時)

 

フランスレストランに入り、席に付くところのマナーまでお話しましたね。

 

そこまでのところは、しっかりと頭に入りましたか。

 

本日は、そのあとの部分・・・つまり、席に着いたあと、手荷物をどうしてするのか、というところからお話してゆきましょう。

 

詳しいことところが、手荷物は目立つ部分でもあるので覚えておくべきです。

 

男性は手荷物など欠けるかたも多いですが、女性はほとんどの場合、ハンドバッグなどを持っていますよね。

 

パーティーバッグくらいちっちゃなものであれば、膝の上に置いておいてもかまいませんが、ある程度の大きさがあるバッグを膝の上に有するままでは、リラックスして食事をすることが出来ません。

 

さて、どこに捨て置くのがマナーとして規則正しいと思いますか。

 

まさか考えてみてください。

 

フランス料理に限った事ではないと思いますが、お料理のサービスは座っている人間の左側からなさるのが普通です。

 

ということであれば、自分が座っている左側にバッグや荷物を置くとサービスの邪魔になってしまいますよね。

 

ですから、右側の床の上に捨て置くのがふさわしいマナーと覚えてください。

 

フランス料理を取る特別な日ということで、高価で大切なバッグを持参してきていると思いますが、間違ってもテーブルの上などに置かないようにください。

 

フランスレストランでは、床もきれいに拭いているだから、ほとんど心配なさらずに右側の床上に据え置くようにしてくださいね。

 

さて、これから次回からは食事に関するマナーに入っていこうと思いますので、お楽しみに。

 

 

 

フランス料理のマナー(ナプキンの使い方1)

フランス料理のマナー(着席時)

 

今回から、いよいよ食事のマナーの説明に入っていこうと思います。

 

食事といいましても、ではナプキンを膝の上に広げるところからですね。

 

ナプキンはフランス料理でなくても使用しますから、他のお料理の時にもマナーにそって出来るように、しっかりと憶えましょう。

 

膝の上に広げる場合、ナプキンの3分の1~半分位の部分を折り曲げるのが一般的なテーブルマナーです。

 

その際、ナプキンの折り目は手前・・・つまり自分側に当てるようにしてください。

 

そのほうが、現に口元などを拭いたりする場合に使いやすいです。

 

白くてきれいなナプキンで口周りを拭くことを躊躇してしまい、自分のバッグからティッシュなどを取り出して口を拭うかたがいらっしゃいますが、これは、テーブルマナーから言いますと、失礼な行為にあたってしまいますので気を付けてくださいね。

 

ナプキンは口や手を拭くためのものそれでもあるのですから、遠慮せずに使ってください。

 

また、食事の最中に、ナプキンが膝からスルリと床に落ちて仕舞う場合もありますよね。

 

そんな時には、思わず自分で拾ってしまうが、ウェイターを呼んで拾ってもらいましょう。

 

これは、ナイフやフォークを落とした場合にも同じです。

 

きっちりウェイターを呼んで拾ってもらいます。

 

こうしたことくらいで、敢えてウェイターを呼ぶのは申し訳ないと見まがうのも理解できますが、フランス食堂では拾って貰うことが規則正しいマナーと言えます。

 

また、食事中に何らかの理由で席を立つ場合には、テーブルの上ではなく、椅子の陣取る部分にナプキンを置いて席を離れるようにしてくださいね。

関連ページ

フランス料理とは(1)
フランス人の食生活(1)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス人の食生活(2)
フランス料理の歴史(2)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理の歴史(3)
フランス料理の根底にあるもの、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ナイフとフォークを使用する習慣
フランス料理のマナー(来店時)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。