ナイフとフォークを使用する習慣

ナイフとフォークを使用する習慣

欧米の国々では、一般的に食事をするとき、ナイフとフォークを使用しますが、フランス料理のナイフとフォークときたら、数がたくさんありすぎて、どれをどのお料理に使ったら良いのか、チンプンカンプンだというかたも多いでしょう。

 

基本的に、お料理が運ばれて生じるたびに、外側から使ってゆくと覚えておくと少しは気がラクになるかと思います。

 

ところで、このように、自分がナイフとフォークをひとつずつ持って食事をするという習慣は、果たしていつころから始まったのでしょう。

 

オードブルに訪れ、メイン、デザートまで一皿ずつサービスわたる方式をロシア式サービスと叫ぶのでしたね。

 

このロシア式サービスが定着したのは、18世紀に入ってからの事なのですが、それより以前は出されるべき全てのお料理が一度に食卓に並べられて、大きな魚や肉の塊は、食卓に置かれている調理用ナイフによって切り分けていたようです。

 

それが、やがてそれぞれに自分専用のナイフを持って食卓にたどり着くようになったわけです。

 

とくに男性のかたは、自分専用のナイフで横の女性に切り取って吊り上げるのが、素晴らしい男の証とされていたのです。

 

但しいまだに、この頃には、切り分けたものを手で食べていました。

 

ソースやスープなどの液体は、パンをちぎって浸して食べていたようですね。

 

手が汚れた場合には、ナプキンやテーブルクロスで拭うというのが普通でした。

 

このような形で食事を進めていましたから、当時のフランス料理のマナーとして最も大切なことは、とにかく手を清潔にするということであったのです。

 

ロシア式サービスになってからは、各自でナイフとフォークが必要になりました。

 

そうしてみずからナイフとフォークをいくつも使うような形式になってから、手の清潔よりも、ほかの部分にマナーの重きが置かれるようになりました。

 

 

 

フランス料理のマナーについて

ナイフとフォークを使用する習慣

 

まさか高級なレストランに出かけて、フランス料理を食べてみたいと思うかたは多いでしょう。

 

近しいかたのお誕生日や、クリスマス、バレンタインデーにホワイトデー、結婚記念日などフランス料理を食するにふさわしいイベントは数多くあります。

 

とくにイベントなどなくても、仕事や家事を頑張った自分へのご褒美としてでも良いでしょうし、ただ美味しいものが食べたくなった・・・という理由だって良いですよね。

 

ですが、高級なだけならともかく、お料理を食べるために細かいマナーが何かと必要だということになると、なんだか足が遠のいてしまいますよね。

 

何かのきっかけで一度でもフランス料理を体験したことがあるかたでしたら、それ程引っ込み思案にはならないと思いますが、まだまだ何時ぞや一度も体験したことがないかたにとって、マナーは大きな壁だと思います。

 

マナーがわからずにどうして食べて良いのか分からなかったり、自分がマナー違反を通しているのではないかとドキドキしながら採り入れるのでは、せっかくの美味しいお料理も台無しになってしまいますね。

 

こればかりは、経験を積まなければかなりしようがありません。

 

極論、フランス料理であろうとも、ファミリーレストランで食事をするときのような気軽さで食事が出来るようになるためには、経験を積み込むしかないのです。

 

それには、マナーを心得ている友人と最初に立ち寄るのが最適です。

 

又は、都市によってはマナー講座というものもあります。

 

そういったチャンスも無いのであれば、自分でマナーを勉強して、いくらかでもカジュアルなフランスレストランへ出掛け、実践してみるしかないでしょう。

 

これからしばらくの間、マナーについての記事を書いていこうと思います。

 

今一度、勉強してしっかりとマナーを憶え、フランスレストランへ気軽に出掛けられる人ものになってみませんか。

 

 

 

フランス料理のマナー(来店時)

ナイフとフォークを使用する習慣

 

今回からある程度の間、フランス料理のマナーについてお話しようと思います。

 

マナーだけがネックになって、フランス食堂へ混じることを躊躇っているかたがたがとっても多いからです。

 

最初から全てを完璧にする必要はありませんから、覚えられる部分から覚えていってください。

 

今回は取り敢えず、来店ときのマナーから始めようと思います。

 

フランス食堂に入る場合、多くは男性と女性のカップルで入りますよね。

 

その場合、お店のドアを開けるのは男性の役目ということを一旦覚えておいてください。

 

ないしは、お店のかたが開けてくれるのを待ち受けましょう。

 

欧米では「レディーファースト」といって、なんでも女性を優先させてやるという習慣がありますが、テーブルマナーであっても、どうしてもレディーファーストは守らなくてはならないのです。

 

フランス食堂に入る場合、先に予約を入れていると思いますが、その確認をする場合にも男性がしなくてはなりません。

 

例えば、「私は、予約しました○○です・・・」といった感じでですね。

 

そんなにすると、お店のかたが席まで案内してくれますから、それについていけば良いのです。

 

無論、女性はお店のかたと並んで歩いていってください。

 

フランス食堂もとってもカジュアルなお店では、席への案内が無い場合もあります。

 

こうした場合には、男性が女性を席までエスコートしてあげれば良しのです。

 

日本ではレディーファーストが浸透していないので、ひとりでに女性を優先するのを忘れてしまいがちでしょうが、この習慣は国際社会ではごく当然のマナーとなっていますので、ぜひあなたの習慣としていただきたいですね。

関連ページ

フランス料理とは(1)
フランス人の食生活(1)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス人の食生活(2)
フランス料理の歴史(2)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
フランス料理の歴史(3)
フランス料理の根底にあるもの、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。