北陸・甲信越地方のご当地鍋

北陸・甲信越地方のご当地鍋

北陸・甲信越地方におけるご当地鍋と言えば、新潟、石川、福井といった日本海に面した所が多いですね。

 

新潟県の「のっぺい汁」は、栃木県のぬっぺ汁と同じものところが、石川県の「ごり汁」、「鴨の治部鍋」などははなはだ地元に密着したご当地鍋です。

 

 

ごり汁は、金沢特産のゴリを白味噌で味を調えたダシで採り入れる料理です。

 

因みに、ゴリは夏の少ない期間しか獲れないちっちゃな魚で、今は思い切り漁獲量が少なくなっていることから、貴重な魚となっています。

 

鴨の治部鍋は、しょうゆベースの鴨鍋で、鴨のつくねなどを使用します。

 

無論、葱も入ります。

 

 

北陸、甲信越地方におけるご当地鍋はたくさんありますが、何より有名な鍋料理となると、山梨県の郷土料理、「ほうとう」でしょうか。

 

ほうとうは、一件見ると味噌煮込みうどんものの形ですが、実際には異なります。

 

まるでこのほうとうの具の中心となる麺は、小麦粉で設ける平打ちのものところが、きしめんというよりはすいとんものの形で認識されています。

 

本当に、家庭で創る場合は麺状にはせず、塊という形で混ぜることが多いようです。

 

 

味は味噌仕立てですが、かぼちゃを煮崩して味付けする事もあるようです。

 

その場合はかなり手ぬるい鍋料理となります。

 

食材は幅広く、冬と夏では大きく異なるようです。

 

夏の場合は前述の麺以外は葱やタマネギ、ジャガイモ、キノコ類を入れます。

 

これが冬になると、白菜、サトイモ、かぼちゃ、ニンジンなどが加わるそうです。

 

鶏肉や豚肉を取り入れる事もあります。

 

 

 

東海地方のご当地鍋

北陸・甲信越地方のご当地鍋

 

東海地方は、割にご当地の鍋料理が少ない地域です。

 

その中にあって、静岡県の「猪鍋」はかなり有名ですが、これも全国区の鍋料理なので、郷土料理ではあるものの、インパクトという面では欠けるかもしれません。

 

 

そういう中、東海地方随一の大都市である名古屋に、一つ名ものと言える鍋料理があります。

 

それは、「かしわのひきずり」という料理です。

 

この料理は別名もあり、料理内容を示す上ではそちらの方が有名かもしれません。

 

正に、「とりすきやき」です。

 

 

名古屋で鶏といえば、多くの人が名古屋コーチンを思い浮かべるかと思います。

 

そうして、この「かしわのひきずり」も、どうしても名古屋コーチンを使用した鍋料理です。

 

食材は、名古屋コーチンのもも肉、胸肉の他、長ネギ、しらたき、焼き豆腐、しいたけなどです。

 

味付けは、砂糖としょうゆ、酒を用い、関東風の場合はみりんも付け加えます。

 

この味付けや食材を見てもわかる通り、鶏肉を使用していることを除けば、基本的にはすき焼きと同じです。

 

「とりすきやき」という名称そのままの鍋料理として差し支えないでしょう。

 

 

ただ、この「かしわのひきずり」は、名古屋コーチンだから成り立つ料理ともいえます。

 

適度に脂肪が付いてあり、うまみが強く、コクのある濃い味の鶏肉なので、すき焼きの味付けもおししく食べられるのです。

 

普通の鶏肉だと、割り下の味ばかりが強くなり、さほど肉をおししく頂けない可能性があります。

 

そうしたことから、「かしわのひきずり」は名古屋ならではの鍋料理と言えます。

 

 

 

近畿地方のご当地鍋

北陸・甲信越地方のご当地鍋

 

天下の台所と言われていた大阪をはじめ、近畿地方はかなり日本独自の食文化が発達した地域です。

 

その為、鍋料理に関しても、地域独自のものが多く、ご当地鍋の種類も豊富です。

 

兵庫県はどうしても神戸牛があるため、牛肉による鍋料理がよく見受けられます。

 

すき焼きやしゃぶしゃぶが盛んですね。

 

 

一方、近畿地方最大の規模を誇る大阪では、くじら鍋が有名です。

 

「ハリハリ鍋」といった方が有名かもしれませんね。

 

鯨の肉と水菜だけをつぎ込み、水炊きの要領で食する、非常にシンプルな鍋料理です。

 

ただ、最近では捕鯨に対して世界各国からクレームがきてあり、昔と比較してとっても鯨肉の量が減ってきてあり、ハリハリ鍋にとっては不遇な時代といえます。

 

大阪ではこの他、船場汁や関東炊きといった鍋料理が有名です。

 

 

奈良県には、「飛鳥鍋」というご当地鍋があります。

 

鶏がらでダシをとり、そこに牛乳を混ぜる点がポイントです。

 

簡単に言ってしまえば、牛乳入りの寄せ鍋という感じで、食材は通常の鍋料理に使用するものを入れます。

 

水溶き片栗粉を入れて、とろみを授ける場合もあるようです。

 

語源は、飛鳥時代に作られた鍋料理が基盤となっている点からですね。

 

中国の唐から訪れた僧侶が、ヤギの乳によって鍋料理を創り、寒さをしのいだところからこの料理が生まれたと言われています。

 

 

また、京都では湯豆腐が有名ですね。

 

但し、湯豆腐が鍋料理かと言われると、微妙なところではあります。

 

悪い土鍋によって始めるのが一般的なので、鍋料理と言えば鍋料理ですが、それほど鍋という印象もないですね。

関連ページ

鍋にまつわるエトセトラ
水炊き、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ちゃんこ鍋
キムチ鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
石狩鍋
しょっつる鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
かに鍋(かにちり、かにすき)
かき鍋(土手鍋)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ぼたん鍋
おでん、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
チゲ鍋
ふぐちり鍋(てっちり)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
柳川鍋
闇鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
北海道のご当地鍋
関東地方のご当地鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
中国地方のご当地鍋
九州・沖縄地方のご当地鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。