北海道のご当地鍋

北海道のご当地鍋

日本を代表する料理とも言える鍋料理は、全国的に有名なメニューだけでなく、その土地ならではの物珍しい食材やレシピによるものもたくさんあります。

 

そういうご当地鍋を採り入れるために、全国を旅している人もいるくらいです。

 

番組等では、最近そういうローカルな料理にスポットを割りふる企画が増えているので、マイナーだった鍋料理も最近はやがてメジャーになりつつあります。

 

最も、食材の宝庫であり、鍋料理においてもたくさんの名ものが存在している北海道に関しては、いとも露出が増えてきています。

 

 

北海道の鍋料理というと、「石狩鍋」が無性に有名ですね。

 

ただし、北海道のご当地鍋はこれだけではありません。

 

北海道ならではの食材によるご当地鍋がいくつもあります。

 

 

ひと度、「ジンギスカン鍋」ですね。

 

ジンギスカン鍋というと、ジンギスカンを焼くための、真ん中が盛り上がった鍋を指し示すケースが多いのですが、ここでは鍋料理の名称を指します。

 

ジンギスカンというのは、羊の肉による焼肉料理のことです。

 

羊肉がジンギスカンではなく、羊肉による料理なので、間違えないようにください。

 

羊肉は、成羊肉をマトン、仔羊肉をラムと言い、このジンギスカン鍋は、それらの羊肉を煮込んで食べる料理です。

 

 

また、この他にも、三平汁、いか鍋、かにの甲羅鍋などが北海道の鍋料理としては有名です。

 

三平汁は石狩鍋となんとも近く、鮭による鍋料理ですが、こちらは塩鮭を使うなど、魚の塩分をダシに使う事で成り立つ料理で、ジャガイモを閉じ込める点もポイントです。

 

 

 

東北地方のご当地鍋

北海道のご当地鍋

 

東北地方のご当地鍋と言えば、秋田の「しょっつる鍋」と「きりたんぽ鍋」がスゴイ知名度を誇っています。

 

ただ、無性に有名になりすぎた事もあり、これらの鍋は全国どこでも、それこそ家の食卓で頂く事もできるくらいになりましたので、新鮮味という点では多少著しい面もあります。

 

 

とはいえ、本場のきりたんぽ鍋、しょっつる鍋には本場ならではの味わいがあり、家庭で食べる鍋料理とはかなり異なるので、秋田で採り入れる事には大きな価値があります。

 

本場の味を知らない人は、ひと度秋田の居酒屋や料亭、鍋食堂等で食べる事をお勧めします。

 

 

この二つの鍋料理以外にも、東北にはたくさんのご当地鍋があります。

 

例えば、青森県の「鱈のみぞれ鍋」や「ジャッパ汁」などが有名ですね。

 

青森県では鱈による鍋料理が盛んで、ジャッパ汁は魚のアラによる鍋料理なのですが、よく鱈(タラ)が使用されています。

 

みぞれ鍋は、全国的にも有名な大根おろしを混ぜる鍋料理で、青森ではこのみぞれ鍋にも鱈を使用します。

 

鱈は淡白な味なので、サッパリした味付けで食するこのみぞれ鍋とは非常に相性が良いのです。

 

 

これ以外の東北のご当地鍋では、山形県の山菜鍋や鱈のどんがら汁、岩手県のどんこ汁などが有名です。

 

どんがら汁というのは、寒鱈のアラを豪快に入れ、味噌で味を調えて豆腐や葱を取り入れる鍋料理です。

 

岩のりを押し込める事もあり、それが一つのアクセントとなっています。

 

どんこ汁は、東北地方で「どんこ」と呼ばれている、エゾイソアイナメという魚において味噌仕立てで食べる鍋料理です。

 

アイナメとは別種の魚ですが、形としてはいよいよ似ています。

 

 

 

関東地方のご当地鍋

北海道のご当地鍋

 

東京を中心とした関東では、たくさんの郷土料理が存在しており、何より江戸時代に江戸で作られた料理は、今でも多くのお店で当時の味を再現しています。

 

鍋料理においても、やはり関東のご当地鍋となると東京が中心ですね。

 

「柳川鍋」はその典型です。

 

 

また、「さくら鍋」も東京の浅草で出されるご当地の鍋料理です。

 

さくら鍋は馬の肉による鍋で、すき焼き風にして食する場合と、味噌で味を整える場合とがあります。

 

馬肉は、刺身として取るケースが多いのですが、東京では鍋として採り入れるのが一般的です。

 

 

とはいえ、東京発の料理は概ね他の地方にも洩れるので、関東ならではの鍋料理となると、東京以外の方が多いかもしれません。

 

茨城のあんこう鍋や、栃木のぬっぺ汁などは、本当にご当地鍋といった感じですね。

 

ぬっぺ汁は、ダシに長イモを入れるかなり特徴的な料理で、長ネギ、豆腐、鶏肉等を入れ、卵でとじます。

 

ただ、ぬっぺ汁の場合は、豚汁ものの形で、味噌汁において扱われる事も多いので、鍋料理のカテゴリーかどうかは微妙です。

 

呼び方も、ぬっぺい汁、のっぺ汁、のっぺい汁と、地域によって異なります。

 

 

関東の食というと、横浜が非常に大きな勢力を誇っていますが、横浜のご当地鍋はからきし聞き及びませんね。

 

横浜と言えば中華街ですが、中華で鍋料理はわずかので、ある意味やはりなのかもしれません。

 

ご当地鍋を食べたい場合は、東京の方が店の数もメニューも多いのではないかと思われます。

関連ページ

鍋にまつわるエトセトラ
水炊き、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ちゃんこ鍋
キムチ鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
石狩鍋
しょっつる鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
かに鍋(かにちり、かにすき)
かき鍋(土手鍋)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ぼたん鍋
おでん、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
チゲ鍋
ふぐちり鍋(てっちり)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
柳川鍋
闇鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
北陸・甲信越地方のご当地鍋
近畿地方のご当地鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
中国地方のご当地鍋
九州・沖縄地方のご当地鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。