石狩鍋

石狩鍋

北海道の鍋料理として有名な石狩鍋ですが、最近は全国区になりつつあり、北海道以外の鍋食堂、あるいは各家庭も親しまれるようになってきています。

 

石狩鍋の最大の特徴は、前もって鮭を来れる点でしょう。

 

 

鮭は、鍋料理においてはそんなにメジャーな食材ではありません。

 

海鮮鍋を調べる際に、魚介類のひとつとして添えることはありますが、基本的にはめったに使用終わる食材です。

 

その鮭が、この石狩鍋においては主役となります。

 

 

鮭の他の食材としては、葱や春菊、きのこ類、豆腐などが一般的です。

 

鮭を混ぜることから、その卵であるイクラをまぶすように混ぜることも珍しくありません。

 

最も、家庭でつつく場合はコストの面で難しいかもしれませんが、色合いとしてはいやに独特なものになりますので、一度試してみても面白かもしれませんね。

 

 

味付けは味噌がメインです。

 

昆布でダシをとり、味噌を適量付け加え、食材を煮込んでいきます。

 

隠し味に酒粕、バター、牛乳、豆乳等を混ぜることもあります。

 

味噌と乳製品は相性がいいので、こういった材料を隠し味にすると、コクが出て深みのある味になります。

 

 

家庭で定める場合、味噌汁に使っている味噌をもちまして扱うことが多いようです。

 

基本的にはどういう味噌もOKという鍋料理ではありますが、鮭との愛称を考えると、ほとんど赤味噌がいいかもしれません。

 

このあたりは好みでも問題ないでしょう。

 

最近は石狩鍋用の市販のスープがあるので、それを活用してもいいですね。

 

 

 

きりたんぽ鍋

石狩鍋

 

東北地方には、非常に有名な鍋料理が結構あります。

 

その中それでも、秋田県名ものの「きりたんぽ鍋」はかなり有名ですね。

 

本当に、きりたんぽ自体の知名度が非常に激しく、最近では全国各地で売っていたりするので、極めて身近になってきています。

 

 

きりたんぽというのは、炊いた米をつぶし、それを棒に巻きつけて焼くという非常にシンプルな料理です。

 

よくテレビなどでは、囲炉裏の周囲に棒を立ててきりたんぽを焼いている場面が映し出されていますが、今は普通に魚焼器やオーブンで焼くのが一般的です。

 

味噌をつけて焼くと、かなり香ばしくなって美味しいですね。

 

 

このきりたんぽを主役にした鍋料理が、きりたんぽ鍋です。

 

基本的には鶏がらスープにしょうゆ、砂糖、酒によるしょうゆ味のスープを作ります。

 

そのスープに、鶏肉、ごぼう、さといも、しらたき、セリ、舞茸、葱、そしてきりたんぽを来れるのが一般的なきりたんぽ鍋となっています。

 

鶏モツを入れる事も多いですね。

 

 

特徴としては、鶏肉は出来るだけ比内地鶏を使用するという点が挙げられます。

 

今は全国的に有名な鍋料理となっており、様々な地域で作られているので、必ずこの鶏肉を使用する必要はないのですが、食材との愛称、あるいはきりたんぽ鍋の定義として、比内地鶏を使用することが推奨されています。

 

どうしても手に入らない場合は、ブロイラーの鶏ガラ、あるいはもも肉や皮を使用する事でかなり近い味が出るようです。

 

 

きりたんぽ鍋は、他の鍋と比較し、割と制限が多い鍋料理です。

 

食材も、白菜や魚肉、しいたけ、ニンジンといった鍋定番の食材は原則使用しません。

 

風味や匂いが変わる為といわれています。

 

基本的食材は、上記に挙げたものとなっています。

 

 

 

しょっつる鍋

石狩鍋

 

秋田県には、様々な名もの食品があります。

 

あきたこまちもそうですし、とんぶりもそうです。

 

その中けれども別格の知名度を誇るのがきりたんぽで、きりたんぽ鍋は日本の郷土料理の中にあってもさんざっぱら有名な部類に入ります。

 

 

そのきりたんぽ鍋と同格、あるいは仲間と言える存在が「しょっつる鍋」です。

 

しょっつる鍋とは、しょっつるを使用した鍋のことです。

 

ハタハタを原料とした魚醤で、さんざっぱら癖のあるしょっつるを味付けに使用し、そこにハタハタ、タラ、豆腐、長ネギを入れて探るのが、しょっつる鍋の基本的形式となっています。

 

 

しょっつるは、様々な鍋料理にも使用できます。

 

殊更、きりたんぽ鍋にしょっつるを使用するケースも、秋田県内ではかなり手広く見受けられます。

 

しょっつるときりたんぽの両方の名ものを使用した鍋料理となると、とても贅沢な感じがしますね。

 

 

しょっつる鍋料理の特徴は、断然到底しょっつるに集中します。

 

しょっつるという魚醤は、様々な商品紹介で「クセがない」という言葉においていますが、実際にはさんざっぱらクセのある香味料です。

 

非常に個性的といえ、スキ嫌いがきちんと分けるタイプの味です。

 

その為、代用がきかず、しょっつるが置いていない地域ではどうにも堪能することができない鍋料理となっていました。

 

 

ただし最近では、通販でしょっつるを購入出来る他、しょっつる鍋のスープもお店で選べるようになっているので、家庭でしょっつる鍋を始めることはそれほど難しくなくなり、大いに敷居が低くなってきた料理といえます。

関連ページ

鍋にまつわるエトセトラ
水炊き、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ちゃんこ鍋
キムチ鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
かに鍋(かにちり、かにすき)
かき鍋(土手鍋)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ぼたん鍋
おでん、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
チゲ鍋
ふぐちり鍋(てっちり)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
柳川鍋
闇鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
北海道のご当地鍋
関東地方のご当地鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
北陸・甲信越地方のご当地鍋
近畿地方のご当地鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
中国地方のご当地鍋
九州・沖縄地方のご当地鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。