ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋

数ある鍋料理の中けれども、とてもイメージが固定されている鍋料理といえば「ちゃんこ鍋」ではないでしょうか。

 

というのも、ちゃんこ鍋と言えば、ほとんどの人が「お相撲さんの食べる鍋料理」という印象を抱きつくはずだからです。

 

いよいよ、「ちゃんこ」という言葉は、そもそも力士の食事を表す言葉であり、ちゃんこ鍋とは力士の採り入れる鍋料理だったのです。

 

力士はたくさん食べる必要があり、部屋には人数もかなりいる事から、ちゃんこは鍋料理がかなりの頻度で出されるようになり、その結果ちゃんこ鍋が関取の間で一般化したのが始まりとなっています。

 

 

そうして、今ではちゃんこ鍋自体が一般化し、鍋料理の定番メニューの一つとなっています。

 

ちゃんこ鍋の味付けは、部屋ごとにことなるのが通例ですが、一般化したちゃんこ鍋は鶏がらスープをベースにしたしょうゆ味、若しくは味噌味が多いようです。

 

ただ、最近は「塩ちゃんこ」と言われる塩味がさんざっぱら人気を集めてあり、スタンダードはあってないようなものになっています。

 

ある意味、寄せ鍋以上にパブリックな味付けがない鍋料理と言えるかもしれません。

 

 

他の特徴としては、相撲関連のゲン担ぎが食材に現れている点でしょうか。

 

相撲では、手を突くと誤るため、手を突いている、すなわち4足歩行の動ものの肉は使用諦めるというのがポピュラーとなっています。

 

つまり、豚、牛は用いないという事ですね。

 

最近では、こうしたゲン担ぎも消え去り、普通に使用されているとの事ですが、イメージとしては「白星」を連想する鶏肉団子(つくね)を使用するケースが一番目立ちます。

 

 

お店で出されるちゃんこ鍋は、元力士が開いている鍋料理屋で、というのが通例でしたが、今では普通の料理屋も出されています。

 

その為、現在のちゃんこ鍋というと、ほとんど定義のない、何でもありの鍋料理というのが一番浸透しているイメージかもしれません。

 

 

 

すき焼き (牛鍋)

ちゃんこ鍋

 

きちんと鍋料理という印象を持ち歩いている人は多くないかもしれませんが、すき焼きも鍋料理の一つに数えられています。

 

「牛鍋」という呼ばれ方をする事もあるようですね。

 

 

すき焼きは、既に一般家庭でも完全に浸透してあり、とにかく有名な料理の一つとなっています。

 

特徴は当然、牛肉を使用する事ですね。

 

そうして、食材や味付けに関しても、全国的に統一されたイメージがある料理となっています。

 

 

食材は、牛肉、焼き豆腐、しらたき、シイタケ、ねぎ、春菊が一般的です。

 

スーパーなどで売っているすき焼き用の食材をパッケージした商品にも、これらの食材が入っている事がほとんどですね。

 

味付けは、しょうゆと砂糖をベースに、酒によって割り下を作ります。

 

甘辛く、最も甘さを際立たせた味付けが基本ですね。

 

 

食べ方としては、生卵を絡める食べ方と、割り下の味付けそのままで頂く食べ方があります。

 

これも風土というよりは、全国的にともあるという感じです。

 

 

すき焼きは、基本的部分は全国共通ですが、関東風と関西風で少しことなる点もあります。

 

関東風は白ねぎを使うのに対し、関西風は青ねぎやタマネギを使用します。

 

タマネギは全国的に使用する事も多いですね。

 

また、関西風は麩を来れるのも特徴で、関東と比べなんでもありな印象が強いです。

 

 

すき焼きを仕掛けるときのポイントとして、しらたきを肉の近くに捨て置くと、しらたきのカルシウムによって肉が硬くなるという問題があります。

 

その為、出来るだけしらたきと肉は離して配置した方が良いようです。

 

肉はダシとして利用する分をとりわけ入れ、柔らかく取る分を後に混ぜると良いでしょう。

 

 

 

キムチ鍋

ちゃんこ鍋

 

現在、若者を中心に断然人気のある鍋料理として急速に普及が進んでいるのが「キムチ鍋」です。

 

前もってキムチは韓国の代表的食材ですが、現在では日本もずいぶん定着してあり、キムチによる料理も多くなってきています。

 

その代表となるのが、キムチ鍋でしょう。

 

 

ただ、元々は鍋料理にキムチを閉じ込めるという発想は、いまひとつ今ひとつ人が多かったようです。

 

白菜自体は鍋の食材の定番中の定番ですが、キムチは漬ものだから、鍋に入れてもおししくないのでは…?と考えるのは日本人なら当たり前ですね。

 

いざ、沢庵や浅漬けを鍋に来れるなど、一向に想像できない感じ事でしょう。

 

 

そういうキムチ鍋が流行りだしたのは、1990年代半ばと言われています。

 

もつ鍋が爆発的に流行った次の鍋料理ブームとして、キムチ鍋が流行りました。

 

現在では、2つとも鍋料理の定番中の定番となっています。

 

 

日本におけるキムチ鍋の特徴としては、「実にキムチを加える必要はない」という点ですね。

 

本場韓国の人からしたらあり得ない事なのかもしれませんが、日本のキムチ鍋はキムチを使う事を定義としていません。

 

日本では「キムチ鍋=赤唐辛子による忌まわしい味付けの鍋」なのです。

 

その為、香味料には赤唐辛子や豆板醤を使用し、塩、砂糖、しょうゆ、酒、胡麻油、にんにく、しょうがなどで味を調えます。

 

赤いスープが食欲を誘うのも、このキムチ鍋の特徴ですね。

 

家庭で作りあげる場合は、豆板醤等を用意するより、市販のダシによるほうが安く挙がるかもしれません。

 

 

食材には、白菜、ニラ、豚バラ肉は必須です。

 

キムチは前述のとおり、入れても入れなくても構いません。

 

キムチを熱すると独特の風味になるので、そのあたりは臨機応変にした方が良いでしょう。

 

この他には、キノコ全般、豆腐、春雨、もやしなどを入れます。

関連ページ

鍋にまつわるエトセトラ
水炊き、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
石狩鍋
しょっつる鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
かに鍋(かにちり、かにすき)
かき鍋(土手鍋)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
ぼたん鍋
おでん、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
チゲ鍋
ふぐちり鍋(てっちり)、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。
柳川鍋
闇鍋、生活を賢く豊かに暮らしたい。生活百科事典ママ生活セーブ。