ママ生活セーブ

2017/05/23 01:05:23 | ビーズアクセサリー
一種だけですさまじさのある「とんぼ玉」。ガラス製の丸っこい形を通じていて、表面に2色以上の色模様が施されているものは「とんぼ玉」と呼ばれています。とんぼ玉による小ものやビーズアクセサリーは、とても印象的なものに仕上がっていますよね。独特な雰囲気をもつとんぼ玉ですが、とんぼ玉もビーズの一種なのです。なんで「とんぼ」玉と呼ばれているのでしょう。語源はどうしても、とんぼの裸眼に似ているからだそうですよ。とんぼ玉の歴史は古く、3千年以上も前にさかのぼります。ガラスができ上がるようになってあっという間に、とんぼ玉もでき上がるようになりました。神秘的な美しさを有するとんぼ玉は、古代エジプトで「魔除け」「願...
2017/05/14 01:05:14 | ビーズアクセサリー
ビーズアクセサリーに大きく使われているビーズの中で、スワロフスキービーズと並んで人気のあるビーズといえば天然石のビーズでしょう。天然石として代表的なものには「ダイヤモンド」「サファイヤ」などがあります。これらの高価な天然石は「貴石」と呼ばれるものです。石の硬度(硬さと耐久性)が7より高いものは「貴石」、7以下のものは「半貴石」とされていて、天然石ビーズと呼ばれるものは半貴石になります。代表的な半貴石には以下のようなものがあります。・アメジスト紫水晶とも呼ばれています。石言葉は「平安」。ジリジリを防止したり、老化を抑制したりする働きがあると言われています。・オニキス「ビーナスの爪」とも呼ばれ、邪...
2017/04/27 01:05:27 | 胡蝶蘭 育て方
お祝い事で胡蝶蘭をプレゼントされたことはありませんか。花をプレゼントする時々その花言葉を知っておかなければなりませんね。胡蝶蘭の花言葉は「幸福がやってくる」「変わらぬ愛」だそうです。ですから、胡蝶蘭のプレゼントが多いのかもしれません。そのように優雅な胡蝶蘭ですが、いよいよもらってみると、育て上げるのが困難のです。胡蝶蘭の育て方について知っている人は決して少ないのかもしれません。ただし、プレゼントでもらったのであれば、大切にしたいと考えるでしょう。花言葉が「変わらぬ愛」であったなら、枯らしてしまうことなどできませんね。胡蝶蘭の育て方を十分理解しておかなければ、実際枯らしてしまいます。通常よりも手...
2017/04/21 01:05:21 | 胡蝶蘭 育て方
胡蝶蘭を見たことがない人はいないでしょう。最近よく見掛けるようになりました。個人的に購入するよりも、お祝い事などで会社間の贈りものとして利用されることが多い花です。胡蝶蘭は優雅で高級感あふれる花だから、そんな利用がメインとなっているのです。価格もそれなりに高いようです。胡蝶蘭は赤道近辺に野生ランとして生えていたものの品種改良版です。寒さにしょうもないことと、湿気にもしょうもないので育て方には注意が必要です。日本のように四季がはっきりしているところでは、それぞれの季節に合わせた世話をしなければなりません。育て方が難しいデリケートな花と言ってもいいでしょう。やはり、お祝いなどで来る花は専門の園芸業...
2017/04/15 01:05:15 | 胡蝶蘭 育て方
花を育て上げるという機会は通常の生活をしている人には僅かのではないでしょうか。胡蝶蘭の花の育て方を知っている人は少ないのです。やはり、ひと度胡蝶蘭の魅力を知ってしまったら、そうしたらさらに育てているという人もいるでしょう。胡蝶蘭をお祝いの時に捧げるということがそれほど昔から行われていたわけではありません。従って、胡蝶蘭をもらっても、枯らしてしまうことが多いのです。胡蝶蘭の育て方を知らない初心者であっても、それは後ろめたいことではありません。頂いた胡蝶蘭を大切に育てたいと考えるのであれば、育て方について調べればいいのです。インターネットが普及した現代では、調べものをすることはそれほど難しいことで...
2017/04/09 01:05:09 | 胡蝶蘭 育て方
胡蝶蘭の種類は大きく二つに分かれます。それは花の大きさです。大輪とミディです。ミディはミニ胡蝶蘭とも呼ばれています。大輪が普通の胡蝶蘭です。ミディ胡蝶蘭はこぢんまりとしてかわいらしいだが、女性に人気ですそうです。大輪は大人の女性、ミディは若々しい女の子というイメージでしょうか。育て方は基本は同じです。水やりの仕方、日光の当て方、温度管理どれも胡蝶蘭の基本です。特別な育て方はないのですが、あるとすれば支柱のことでしょうか。支柱は開花した花の重みによって茎が曲がってしまわないように補強をするものです。ミニ胡蝶蘭ならば押しなべて垂れることはありません。簡単に支柱を立てておくだけでいいのです。それに対...
2017/04/03 01:05:03 | 胡蝶蘭 育て方
花を育て上げるということは、生きものだから毎日の変化に気付くということです。胡蝶蘭の場合は、原産地が赤道付近ですから、日本の気候と違う部分について単に注意を払います。一つは気温です。寒いところは苦手なのですから、冬場は気を付けておきましょう。暖房の効いた部屋に捨て置く必要がありますが、エアコンの風が直接あてはまるところは除けなければなりません。夏場は気温の大丈夫のですが、直射日光を控えるようにしなければなりません。室内であればレースのカーテン、屋外なら遮光ネットなどを使用します。夏場も直接日が当たらない日陰なら正当ようです。胡蝶蘭の育て方は難しいと言われていますが、簡単に根腐れをしたり枯れたり...
2017/03/29 01:05:29 | 胡蝶蘭 育て方
各種ところで見掛けることの多くなった胡蝶蘭です。少々歴史的なことを紹介ください。原産地は台湾南部、フィリピン、インドネシア、パプアニューギニアなどの赤道付近です。最初は栽培が難しかったようですが、品種改良などがなされて今日に至っています。胡蝶蘭はラン科の花ですが、日本では蝶が舞うようなイメージがあることからこの名前が置きられたと言います。日本でよく見掛けるようになってからそのほど年月は経っていません。育て方が難しかったために日本の栽培農家などが敬遠していたのです。現在の国内栽培農園はたくさんありますが、育て方によってその品質は大きく変わってくると言われています。胡蝶蘭は見かけが優雅ですから、開...
2017/03/25 15:52:25 | 有機野菜と健康
ここでは有機野菜の定義について紹介ください。健康ブームですから有機野菜という言葉は聞いたことがあるでしょう。但し、正確にどんなものを有機野菜というのでしょうか。それは種まきまでの2年間以上の間、化学肥料や農薬を散布していない土壌が不可欠です。そうして、その畑で生まれた野菜ということになります。もちろん化学肥料や農薬の散布はできません。肥料としては鶏糞や枯れ葉などの自然の堆肥だけを使わなければなりません。有機野菜は届け出ではなく、国の認定を受けた登録機関が有機JAS認定を行います。これを聞けば聞こえるでしょうが、通常の野菜作りと比べるとかなりの時間と労力がかかります。つまり有機野菜の値段は通常の...
2017/03/25 15:51:25 | フランス 料理
フランス料理・・・こう聞くと、如何なるイメージが頭に浮かびますか。一般的には、かなり高級なレストランで頂く、フルコースの美味しいお料理の数々を思い浮かべるのではないでしょうか。グングン、ソースで行うお料理だというようにイメージされるかたも多いでしょう。また、フランス料理は、一皿一皿がかなりちっちゃな芸術品という仕上がりになっていて、探る分にも本当に優雅な気分にさせてくれますから、こうしたアーティスティックな一皿をイメージするかたもきっといらっしゃいますね。中には、フランス料理を頂くときの、テーブルマナーが面倒だとおもうかたもあるかもしれません。これらは、どれもフランス料理のイメージとして的を射...