ママ生活セーブ

2017/09/14 01:05:14 | 鍋料理
鍋料理の食材はほとんど決まっておらず、色んな肉、魚、野菜が鍋料理に使用されています。ちょっと変り種のお肉として有名なものといえば、イノシシですね。このイノシシを食材に使用した鍋料理を「ぼたん鍋」といいます。イノシシの肉というと、普段一般家庭ではまるで食べませんね。ただし、このイノシシは昔から全世界でよく食されていた獣肉です。その為、ぼたん鍋は、全国各地で在る鍋料理となっています。因みに、この「ぼたん」という名称は、猪肉を薄切りとして皿の上に盛り付けると、牡丹の花のように感じるというところから付けられているそうです。ぼたん鍋に使用する食材は、猪肉、大根、ゴボウ、きのこ全般、セリ、こんにゃく、にん...
2017/09/02 01:05:02 | 鍋料理
かにを使う鍋料理は、全国的にもかなりあります。かに鍋という言い方で統一なることもあれば、各料理において呼び方を取り替える事もあります。その代表例と言えるのが、「かにすき」と「かにちり」でしょう。かにすき、かにちりは、いずれもかに鍋の一種として問題ありません。双方とも、かにによる鍋料理です。ただ、それだけにその違いはめったに知られていないようです。かにすきとかにちりの違いは、その製法にあります。根っから、「〜すき」という料理は、すき焼きが有名ですね。すき焼きの場合は、牛鍋の中の一種となっています。すき焼きという言葉がどうしても有名になりすぎて固有名詞となっていますが、実際にはこの他にも、魚すき、...
2017/08/21 01:05:21 | 鍋料理
北海道の鍋料理として有名な石狩鍋ですが、最近は全国区になりつつあり、北海道以外の鍋食堂、あるいは各家庭も親しまれるようになってきています。石狩鍋の最大の特徴は、前もって鮭を来れる点でしょう。鮭は、鍋料理においてはそんなにメジャーな食材ではありません。海鮮鍋を調べる際に、魚介類のひとつとして添えることはありますが、基本的にはめったに使用終わる食材です。その鮭が、この石狩鍋においては主役となります。鮭の他の食材としては、葱や春菊、きのこ類、豆腐などが一般的です。鮭を混ぜることから、その卵であるイクラをまぶすように混ぜることも珍しくありません。最も、家庭でつつく場合はコストの面で難しいかもしれません...
2017/08/09 01:05:09 | 鍋料理
数ある鍋料理の中けれども、とてもイメージが固定されている鍋料理といえば「ちゃんこ鍋」ではないでしょうか。というのも、ちゃんこ鍋と言えば、ほとんどの人が「お相撲さんの食べる鍋料理」という印象を抱きつくはずだからです。いよいよ、「ちゃんこ」という言葉は、そもそも力士の食事を表す言葉であり、ちゃんこ鍋とは力士の採り入れる鍋料理だったのです。力士はたくさん食べる必要があり、部屋には人数もかなりいる事から、ちゃんこは鍋料理がかなりの頻度で出されるようになり、その結果ちゃんこ鍋が関取の間で一般化したのが始まりとなっています。そうして、今ではちゃんこ鍋自体が一般化し、鍋料理の定番メニューの一つとなっています...
2017/07/22 01:05:22 | ビーズアクセサリー
手作りされたビーズアクセサリーは望ましいですし、調べる作業もまたおかしいものだが、既成のビーズアクセサリーを購入するのも嬉しいですよね。ビーズアクセサリーは、ビーズ会社や手芸洋品店、またアクセサリーショップなどで購入することができます。自分では手軽に組み立てることができないような凝ったデザインのものや、特徴あるビーズや金具によるものも数多く、自分で作るビーズアクセサリーとは一味違うアクセサリーを手に入れることができますよ。ショップで色々な商品を本当に見て選ぶのはおかしいものところが、インターネットを使えば自宅で手軽に購入することができます。ビーズアクセサリー専門ショップやジュエリーショップの専...
2017/07/10 01:05:10 | ビーズアクセサリー
手作り感あふれるビーズアクセサリーは暖かみがあり、全く魅力的ですね。ですが、ビーズを立ち向かう作業は細かくて、手間が掛かるものです。細かなビーズアクセサリー作りをスムーズに行なうために、ふとしたコツを覚えておきましょう。ちっちゃなビーズの穴にテグスを通す作業が厳しい・・・としている方は多いのではないでしょうか。取りやすいようにビーズを出しておくとばらばらと広がってしまいますよね。ビーズは三角トレイなどのお皿に入れておきましょう。三角トレイは手芸用品店で手に入れることができますし、最近では100円ショップも購入することができます。お皿を傾けて、三角トレイの隅にビーズを集めておくと、テグスを直接ビ...
2017/07/04 01:05:04 | ビーズアクセサリー
ビーズには様々な種類がありますよね。大きさや形も様々ですが、カラーも様々です。ビーズアクセサリーを手作りする時、どんな色合いにしようか迷う人は多いのではないでしょうか。ビーズアクセサリー作り初心者の方なら、それでは同系色で定めることから始めてみましょう。最初にメインカラーを決めます。青系、オレンジ系、赤系、ホワイト系・・など、自分の好みで選べば良いですよ。カラーを決めたら、そのカラーという色を合わせていきます。青系なら水色、紺色、紫色・・といった感じで、まとめてみましょう。簡単ですが、同系色でまとめたアクセサリーは他のアクセサリーとも併せ易いですし、ファッションの一部としても取り入れやすいもの...
2017/06/28 01:05:28 | ビーズアクセサリー
自分でビーズアクセサリーを組み立てるなら、色々な種類のビーズを揃えておきたいですよね。ですが、どんどん増えるビーズの収納は大変です。苦労している方は多いのではないでしょうか。手芸洋品店でよく見る一般的なビーズ収納ケースといえば、丸っこい形の透明なときのものです。大きさは様々です。収納しよビーズの量によって選べば良いですが、本体だけではなく、ふたも透明なものがお勧めですよ。ふたも透明なら、如何なるビーズが入っているか一目で分かりますよね。ビーズ選びがスムーズになります。重ねて連結できるタイプもあるので便利ですよ。100円ショップにもありますが、低いものの中には簡単にふたが開いて仕舞うものもありま...
2017/06/19 01:05:19 | ビーズアクセサリー
ビーズアクセサリーはテグスとビーズだけでも仕立てることはできますが、イヤリングやブレスレット、ピアスなど小もの類を作り上げる時折金具類が必要になります。また、ビーズとテグスで作ったモチーフを結びつける時も金具が必要です。ビーズアクセサリーに使われている金具は「パーツ」と呼ばれています。パーツはビーズモチーフやパーツ同士を結びつける役割をするものです。接続の役割だけをするものや、パーツ自体がお洒落なモチーフとして、装飾として使えるものなど様々なものがあります。パーツの色も、シンプルなシルバーや、アンティークな雰囲気が漂う古美金など、様々ですよ。主なパーツは以下の通りです。・丸カン、Cカンパーツの...
2017/06/13 01:05:13 | ビーズアクセサリー
ビーズアクセサリーを手作りするたまにはずすことのできない道具といえば「平ペンチ」「丸ペンチ」「ニッパー」の3点ですが、この3点以外にも用意しておくと便利な道具がいくつかあります。・ピンセットビーズアクセサリーを始めるためには、詳しい作業がつきものです。狭苦しいビーズをテグスに通す時やちっちゃなパーツを掴む時、ピンセットがあると作業がスムーズですよ。先のとがったピンセットがオススメです。毛抜き用ピンセットも代用することができますよ。・目打ち目打ちとは、アイスピックものの形で、先のとがった工具のことです。手芸道具とはかけ離れたような気がしますが、細かい作業には外すことのできない工具です。ビーズやパ...